外資コンサルタント, Ph.D. (仮)

新卒入社した博士の記録。秋から勤務です

ヘルスケア領域のコンサルまとめ

就職を決めたファームは,私の専門(医工学)を尊重してくれました.

配置転換の可能性はあると前置きはされつつ,ヘルスケア案件主軸でアサインされる方針になっているのは結構幸せ.専門が活かせるにこしたことはないです.

専門が大体同じとはいえ,アカデミアとは違うゲームをするわけで,丸腰無策で飛び込むのはさすがに野暮でしょう.新卒とはいえ20代後半.それはマズい.

まずは大まかにギョーカイ感をつかむところからはじめます.

ということで,世界とAPACの「ヘルスケア領域のコンサル」ってどのファームが何をしているのかざっくりリサーチしてみました.

対象10社:McKinsey / BCG / Bain / Deloitte / PwC / Accenture / KPMG / IMS Consulting Group / L.E.K. Consulting / ZS Associates   

まずはTOP10 (Global / APAC) を見てみる

  1. McKinsey / BCG
  2. BCG / McKinsey
  3. Deloitte / Bain
  4. Bain / IMS Consulting Group
  5. Huron Consulting Group / L.E.K.
  6. PwC / ZS Associates
  7. Accenture / Deloitte
  8. ZS Associates / Accenture, PwC
  9. The Advisory Board Company /  -
  10. Kaiser Associates / KPMG

source: valut 2017 best consulting firms for health care consulting (Global / APAC)

このランキングは単にコンサル勤務者(真偽不明)が人気投票しているだけなので,業界内での知名度ランキングでしかないので留意されたし.

とはいえ毎年更新で流動性も多分にあるようなので,どこかの誰かが主観で出してたり,2chの就職偏差値のような民主的な加筆修正よりは尤もらしく見える.

 重複を抜くと13社.とりあえずはチェックしておいて損なし,というわけです.

※ひとしきり調べて満足したので,Huron, Advisory Board, Kaiserは調べませんでした.どうせ市場の大きい米国でブイブイ言わせてるんでしょう(適当

 

各ファームが何をやっているか

本当のところは中の人しか分からないし,中の人でも100%は分からないはず.ましてや意識と年齢高めのクソ内定者です.公開情報を薄っぺらく調べただけの印象論でしかないです.参考ソースは各ファームのヘルスケア部門HPで,記事はつまみ読みしかしていません.

実情を漏らしていただける中の人,いたら教えてください.ぜひお酒の席で伺いたく.

 

いわゆる戦略御三家(McKinsey, BCG, Bain)

McKinsey & Company (McKinsey on Healthcare)

一丁目一番地にあげているのはCenter for U.S. Health System Reform.Medicare&Medicadeの効果測定,医療保険取引所(Exchange)の市場トレンド分析など ,それ以外にも医療政策・医療経済の根幹に携わっているのがよく分かります.それ以外は雑多に並んでいてよくわからん.

Reform | McKinsey on Healthcare

Looking ahead in Medicaid: Options for states and the implications for payors and providers | McKinsey on Healthcare

 

Boston Consulting Group (bcg.perspectives - Health Care )

幅広く.見出しとしてはBiopharma, MedTech, Payer&Provider (被保険者/保険者), Emerging market, Decision Making in R&D, Value-Based, Tech & Digitalとまさになんでもあり.

個人的にはPick upされていた記事がツボにはまった.医療機器のビジネスモデルといえば消耗品訪問販売で利益回収しかない!って言うのは本当モヤモヤしてるんですよね…まぁValue-based pricingにすればいいっていうのは,またそれも疑問だけども….


Bain & Company(Healthcare consulting / Healthcare consultants - Bain & Company)

PE投資とM&A志向が明確に出てますね.

こっちは誰向けなのかさっぱり.網羅的なので汎用性が高いともいえる.この巻物をもって営業に回るのかなぁ,いやこれ見て電話かけてくるのかなぁ,なんて妄想.

 

ビッグファーム (Deloitte, PwC, Accenture, KPMG)

Deloitte (Life sciences & health care | Deloitte | Global services and insights)

Pharma R&D Leader survey とか,Global Healthcare sector outlookとか,Healthcare and Life Sciences Prediction 2020とか,漠っとしたものが多いですね.

コンサルというかシンクタンク的なレポートが多い.

このレポートのサブタイトル,Taxing times aheadってさぁ.

そりゃ,そうかもしれない.経営には大事さ…それに会計ファームらしくていいよ,いいけどさ…そこじゃぁねぇよなぁ,と思ってしまった.監査緩めにしてくれるのかな

 

PwC(Healthcare: Industries: PwC)

なんかケーススタディの見出しがワクワクする.政府と海外でデカいことやろう的な,商社的な雰囲気感じません?ちょっと違うか.

 

Accenture(Accenture Health Consulting)

デジタルヘルスゴリ押し.テクノロジーファーム色を全面に出していくスタイル.

組織改善も電カル活用ベースでやってあげればITサービスもつくってわけですね.グローバルで37万人(wiki調べ)抱えてればそうなるよなぁ.

 

KPMG (https://home.kpmg.com/xx/en/home/industries/healthcare.html)

すいません,なんかよくわかりません.

日本語ページからすると,

医療機関、シニアリビング事業者、在宅介護事業者、製薬企業、調剤薬局、医療機器を含む様々なヘルスケア事業体に対して、事業・財務の専門性に基づき、戦略立案、事業計画策定・実行支援、資金調達アドバイス、買収・統合アドバイス、運営・管理支援を行っております。

 とのことで,いわゆるコンサル+会計監査財務っていう経営支援パッケージで商売しているのかなぁ,と.全体からするとさして大きいわけでもないのかも.インダストリーの順番としても最後になってるし.APAC10位だし.

 

その他(IMS, L.E.K., ZS)

さて,とても気になる各社.いずれもいわゆる就活サイトでは見ない名前です.IMS, L.E.K., ZSはどんなファームなのでしょうか. 

IMS Consulting Group (アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 | QuintilesIMS)

…日本発のファームじゃないんですか?と思うくらい,英語検索でも日本語ページがバンバン出てくる.東京オフィスが強いんですね.

これはイマドキのテクノロジーファームってやつじゃないですか? MIDAS databaseを売って,CH25レセプト/健診分析ツール売って,それにプラスでコンサルサービスする,と.なんかわかった気がしますね.

おお,しかもITインフラ+BIツールもやるのですか.それはそれは儲かりそうな…

シニアメンバーのうち取締役VPの方はZS Associates出身.ZSのヘルスケアでの存在感が垣間見えます.

 

L.E.K. (Healthcare Consulting | Healthcare Services | L.E.K. Consulting)

Areas of Practiceが大雑把すぎてよくわからん.Distributor, Payer, Provider, Senior/Elderly care, Healthcare IT …ってそらそうだろ.

おっ,でも東京オフィスのケーススタディがわかりやすい.

しかも多い!10コ中6コがヘルスケア案件.製薬3つ,医療機器2つ,バイオテック企業のデューデリ1つ.

なるほどAPACで5位になるわけだ…Wikiでも特筆されてるし,L.E.K.東京のヘルスケアは特に強いようですね.

 

ZS Associates (Medical Products and Services | ZS Associates)

Pick up記事見出しに医工学アンテナが反応してしまった.

Medical Devices Aren’t Luxury Goods, So Why Does Medtech Try to Sell Them That Way? | ZS Associates

 

The medtech industry has long behaved like manufacturers of luxury goods, relying on relationships with individual decision makers to sell innovation at a premium.

 そう,それじゃダメなんですよね.儲かるけど,そういう時代じゃない.しかし結論がoutcome-oriented value prop.って…BCGと一緒じゃないっすか.

東京オフィスがある(Japan | ZS Associates).グローバルではProduct DevelopmentやR&D,Healthcare ecosystemなど医療機器も含めて幅広く扱ってる一方,東京は製薬のセールス&マーケティングが専門,というのがはっきり.

L.E.K. と違ってグローバルでも強いのがランキングから見えますね.ちなみに従業員数はL.E.K.の4.5倍(4,500 vs 1,000, wiki調べ).

 

 結論:想像以上にキャラ立ってる

もう少し似たり寄ったりなのかなぁ,と思ったら各ファームの色がはっきり出ているように感じました.やりたい案件の方向性が見えたら,ヘルスケアに限っては行き先は明確になりそうですね.

※観測可能な範囲外で各ファームは多くの案件を抱えているはずなので実態は不明.

※発表されてることは終わったこと/聞こえが良いことの寄せ集め.話半分で見ましょう.

※結局次の案件はマネージャとアサイン次第…なんですよね…?

 私がどこのファームにいくかは秘密です.ランク外にもファームはまだ沢山ありますしね.