外資コンサルタント, Ph.D. (仮)

新卒入社した博士の記録。秋から勤務です

なぜ大企業が希少疾患を狙うのか?

製薬業界の動向をざっくりと調べています。

少々暴論ですが、大きなターゲットになる疾患は、歴史的に感染症→がん→精神疾患というように変遷してきたように思っています。各々発展の余地があるとはいえ、これらがある程度解決を見てしまうと、人口的にインパクトのある薬剤治療が有効な慢性疾患がないような気がして、ジリ貧だなぁ、という印象を持っていました。

一方で製薬会社は、パイプラインを10年、20年と育てなければいけない。では今製薬会社が何を目指しているのか?と思って調べてみると、多くの製薬会社が「希少疾患用医薬品 (Orphan Drug)」をガツガツやっている。大企業でもそう。

素直に考えると、「大企業が、ニッチマーケットを狙う」というのは意味不明です。多少単価が高くても客(患者)が少なければどうしようもないでしょう。採算のあわない市場だからこそ開発されてこなかったわけですし、大企業の狙うところじゃない。ベンチャーを買えばよろしい(実際にM&Aは旺盛)。なぜ、大企業が大手を振って希少疾患なのか。

とはいえ皆さんがそっちを向くということは、何らかの合理性があるのでしょう。と思い、色々と調べてその理由を推察してみました。

●建前

希少疾患は例が少なく、理解が難しく、適切な治療法がなかった。救いたい。だからやる。

この類の話はお題目だと思っています。

●政府の各種優遇措置

Orphan drugの開発には助成金がある。開発支援もある。成功すると、政府がレギュラトリプロセスを短縮してくれて、税制優遇があり、販売独占権をくれて、薬価に加算がある。投下資本の回収が速く、確実。だからやる。

うわぁ…それかよ…という。でも、堂々と書いてるんだよなぁ。補助金や政府保護頼みの経営を志向しても後ろ指さされないのは、産業特性と言い切ってしまえる話なのでしょうか。

えっ、米国だとQualified Clinical Trial費用の50%が控除になる!?それはやるよね…

●価格交渉力

Orphan drugの開発に成功すると、販売独占権が貰える。患者には選択肢がないから、言い値で売れる。だからやる。

まぁ、多少は納得が行く話。とはいえ販売価格と利益は監視下にあるわけで、政府の保護・助成下でやるからには利益率はなんとなくこのあたり、とニギることになります。パイプラインとしては成功するから、経営的には◎でしょう。

●良い研究材料

Orphan drugの開発プロセスから、より広範な疾患に有効な薬剤開発につながる。だからやる。

これは筋が通る。希少遺伝性疾患の例はとても分かりやすかったです。例えば大理石骨病という希少疾患の研究から、病因遺伝子がいくつか解明され、その一つを抑制すると破骨細胞のはたらきを抑制できることが分かり、骨粗しょう症の治療薬になる、とか。

ただこれって穿った見方をすれば、合法的なノックアウトヒトモデルとして研究対象にする、ということですよね。

確かにマウスやラットでどこまでやってもヒト臨床でどうなるかはわかりませんし、資料内の例でもモデル生物でノックアウトしたら胎生致死だったりする例もあるんでしょうし、やっぱりヒトの疾患メカニズムはヒトをいじって調べるに限るわけです。もちろん、倫理的にそんなことはできませんが、これならできる。希少遺伝性疾患は、原因となるゲノム異常と発現系としての疾患の因果関係が比較的はっきりする分、モデルとして扱いやすいのではないかと。

 

●結論

開発支援されて、売れば必ず利益が出る。上手くいけば次のブロックバスターに繋がる研究になる。なにより患者も治るし感謝される。Win-Winじゃないですか。…ただ支援する側の政府にどんなメリットがあるかまではちょっと分からない。

希少疾患全体が6000~8000、そのうちの約80%が遺伝子起因という説もあるとすれば、当分は希少疾患を手がかりに広大なヒトゲノムを解読して創薬していく作業が続くように見えます。

 

 

参考資料

EU希少疾患用医薬品(オーファンドラッグ)戦略 (2014)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/eusj/2014/34/2014_270/_pdf

ゲノム医療実現推進協議会 資料 なぜいま、希少遺伝性疾患か?(2015)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/genome/dai1/iinsiryou14.pdf

Impact of the Orphan Drug Tax Credit on treatments for rare diseases (2015)

https://rarediseases.org/assets/files/white-papers/2015-06-17.nord-bio-ey-odtc.pdf

厚労省 第16回難病対策委員会 資料 NPO法人 希少難病患者支援事務局(2011)

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001ut3k-att/2r9852000001ut7d.pdf

博士としての生き方は色々ある

博士論文を提出して一足早い夏休みに入ったのですが、手持ち無沙汰なので伝手のあるベンチャーと契約して働いています。調査もののお仕事を提案して、8月一杯の契約で心ばかりのお代をもらうことになっています。

今回仕事を頂けたのは、たまたまその会社が某ファームに発注した仕事の成果物を見せてもらうことができ、それにいくつかの質問を投げかけたことがきっかけでした。何というか、アウトプットが少々ズレていたのです。確かに値段相応のはたらきに見えるし、それっぽいといえばそれっぽいのですが、核となる疑問に答えられていないのです。そのことを指摘し、調べられそうな事柄を挙げると、もう少し具体的に調べてくれないか、ということで依頼を頂きました。

プロと比べたら格段に安いとはいえ、一定の期待をされて、それなりのお金を貰えるのは嬉しいものですね。違う専門分野ですが、新しいものごとを勉強しながらお金を貰えることにも幸せを感じます。

コンサルタントになったあとのキャリアについてもぼんやり考えますが、結局のところこうやって経験と人脈と頭脳で仕事をもらっていくのかなぁ、としみじみ思う社会人0年目の夏。

 

立ち返って考えると、科研に応募したり共同研究したり論文執筆することだって同じであって、何ら特別なことではないし、博士だから研究者として生きるべし、というのは不思議な考え方ですよね。

まぁ、日本の中でいわゆるネームバリューのある大企業や公務員になろうとすると以下の指摘にあるように「必要とされていない」ですし、実際給与も海外と比べると格段に低いですし、研究者以外のルートが量的にも質的にも劣っている(ように見える)のは確かかもしれません。

博士しか相手にされない欧米、博士を必要としていない日本 - 日経テクノロジーオンライン

 

就職したい博士はインターンに行け

博士学生がインターンに行くべきだと思う理由は,

  1. 人間社会に興味がある博士だ,ということを見せられる

  2. 専門の幅を拡げ,深みを出せる

  3. 雇ったときのイメージをしてもらえる

の3つです.

全てに共通する目的は,雇う側(面接官)に安心・納得してもらうことです.採用する側は,前向きな採るべき理由だけでなく,採っても問題ないと言える根拠も欲しがっているからです.

人間社会に興味がある博士,ということを見せる

人口100万人あたりで見た時,2012年に日本で学位を取得した人数は以下のようになります.

日本がことさら少ないのでは!?という疑問を払拭するため,米国の数字も併記しています.日本にせよ米国にせよ博士号取得者は絶対的に少ない上,その多くが学術界・研究所などに就職するため,産業界,特に非研究職採用の場面では「えっ,博士取るの!?すごいねぇ!(へぇー,見たことないよ…なんだこいつ…)」という反応をされます.

そして,「博士」というラベリングをされます.これは避けられません.

これは本当に厄介です.本人がどんな人物であれ,俗説的な博士像を一度重ねられてしまうと,明示的に否定しない限りは「どうせ博士はXXだし…」と曲解されてしまう恐れがあります(というか,基本的には曲解される).

大学の外では,想像以上に「博士」というのは強烈なラベルです.「芸能事務所に所属してました」と言うのと同じ感覚だと思っています(個性が強そう,一芸はありそう,一般社会経験が極めて乏しそう).

インターン,殊更長期のインターン経験は,社会で働くということを理解しようとする姿勢があり,かつ経験もしたことを示すことができます.就活してるんだし当たり前でしょ…そこは共通理解でしょ…と思うかもしれませんが,当たり前が通用する人は博士課程入らないです.修士までで就職します.

「思うところあって博士課程なぞ入ってしまいましたが,ちゃんと社会で働く気概はあるんです,経験も無くはないのです」

というメッセージが履歴書を通して伝わると面接官は安心します.

専門の幅と深みを出せる

博士学生が面接を受けるとき,甘美な罠が待ち構えています.

 

「あなたの経験について教えてください(研究について知りたいわけではない)」

 

博士学生である以上,ここで研究以外の選択肢はほぼありえないわけです.研究の話はいくらでも喋れるし喋りたくなる上に,なにより面接官が期待しています.研究の話をしない/できない場合は「ただ大学にだらだら残っちゃった人」にしか見えません.

その一方で,面接官は人物像を見たいなのです.「博士だから」研究について沢山喋ることを期待するし,研究以外には特段の話もないだろう,という忖度のもと,研究の話を聞いてくれるだけなのであって,人物像が見えること,そしてそれが採用基準に適合しているかどうかが重要な問題なのです.

インターン経験は,博士研究に彩りを添えてくれます.研究テーマの応用研究をやってみたり,扱う問題は同じでも分野・アプローチを変えてみたり,やり方はいくらでもあると思います.専門一本槍で視野狭窄に陥ることは,たとえ研究者になるとしても好ましいことではないはずで,いわんや産業界です.

「私の専門は環境工学で,次世代の発電システムを開発・設計していました.この発電システムは振動の位相差を活用して…」

と専門の話をひたすらするよりも,

「私の専門は環境工学で,次世代の発電システムを開発・設計していました.また実際に社会実装する際の問題にも興味があり,NGOで調査研究もしました」

という方が,20代後半の人間が喋る内容として,成熟していると思いませんか?

雇ったときのイメージをしてもらえる

特に非研究職の場合,

 

「博士号持ち(20代後半高学歴なのに新卒)なんて採用してどうすんの…(困惑)」

 

という思いが必ずあります.よっぽどの理由がない限り,あるいは十分に安心してもらえる限り,博士を採用することはありえません.そういった意味では博士の新卒≒中途入社で業種変更のような厳しさがあるかなぁと思います.

中途の方に比べて有利なところは,そうは言っても新卒なので新卒採用に堂々と入っていけます(博士採用を明言していなくても全然イケます).ちゃんとアピールが通じれば新卒カード使えます.不利なところは,20代後半の新卒だということです。「普通のサラリーマン」経験,すなわち会議や根回し,アポ取り,議事録作成,いろいろなチャネルを使った合意形成,中長期戦略や人事や法務やなんやかんや…世間の大半の方々が肌に馴染んているそれらを全く知らないわけです.学歴エリートであると同時に正社員経験のないフリーター(27+)なのです.そりゃぁ,いくら頭が良さそうでも躊躇しますわな.

 インターンでの就業経験は,多少なりとも組織の中でコミュニケーションを取りながら,自分の能力を上手く活かし,成果に繋げるプロセスを経験できます.それは研究室での活動よりも,まどろっこしく,歯がゆい,イライラする経験だと思います.それに対処しながら活躍することができる博士だ,というアピールはきっと面接官の心象にプラスにはたらくはずです.

研究とは違うことをやる意味

自分の専門/研究とは異なることをするのに抵抗がある方も多いかと思います.個人的には,ある程度の関連性を自分で見いだせて説明できる範囲であれば,どんどん専門外のことをやるべきだと思います.

というか,専門ガー自分の研究ガーとか言うのが許されるのは学生のうちだけでは? アカデミック一丁目一番地の学振PDが「研究環境を変え」「新たな研究課題に挑戦する」ことを要件にしていて,研究機関移動の要件については実質的な研究機関移動と認められるかガッツリ審査しているわけですから,テーマや取り組む範囲を拡げていくことは一人前の博士,というよりは一人前の社会人として必須のはずなのです.その時期がいつか,どこか,というだけであって.

(4) 特別研究員-PDについては、博士課程での研究の単なる継続ではなく、研究環境を変えて、博士課程での研究を大きく発展させ、新たな研究課題に挑戦することができる研究計画を有するもの。 

 選考方法 | 特別研究員|日本学術振興会

産業界を選択肢に入れている博士には,キャリアとしてのインターンはとても重要だと思います.

 

とはいえ本末転倒してはいけない

 

雑感/論考;『申し訳ない,御社をつぶしたのは私です。』

  • コンサル批判本を読む
  • この本の Pros / Cons
  • コンサルは芝居で商売する
  • 結局は人次第
  • 客商売であるが故に乖離する
  • 論考
    • 方法論も成果もわかりにくいものを売るためには
    • 医療とコンサルティングの類似性
    • 対話を通した課題発見→解決プロセスが浸透するとどうなるか

コンサル批判本を読む

少なくとも研究では,新しいものごとを生み出す前にしっかりと時代の変遷・経緯を学ぶようにしていました.車輪の再発明を無自覚にすることほど愚かなことはないからです.また,きちんとした論拠に基づく批判は素直に聞き,真摯に考えることはとても大事だと思っています.健全な批判は,次の行動の精度・確度の向上に繋がるからです.

本書の筆者は,MIT→Deloitte Haskins & Sells(現Deloitte)→Gemini Consulting(JapanはBooz Allen Hamiltonと統合→現Strategy&)→ Pfizer→Johnson&Johnsonと渡り歩いた後,Operating Principalsという自身のコンサルファームを経営している方.いわゆる総合系ファームの中で組織改革や人事システム刷新などに携わった経験を赤裸々に書いていて,現場をのぞいたような気にさせてくれる一冊でした.

コンサル志望者,コンサル0年生が学ぶべき「現代社会」の教科書にも見えます.

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

この本の Pros / Cons

  • Pros
  • Cons
    • 結局は「対話重視の顧客志向」が最も良いものだ,という最近のトレンドに帰着する
    • 「過去の経営理論は誤り,最新のものも疑わしい,それを使うコンサルはひどい商売」というのが主たる主張だが,過去の否定と理論の更新は科学につきもの.単に期待しすぎ/させすぎなだけ.
続きを読む

博士卒で外資コンサルを選んだ理由

まとめると

  • 自分の専門・興味と合致した領域だから
  • ワクワクする,他では得難い機会があったから
  • プリンシパル(偉い人)と意気投合したから

就活中の方へ

専門に合致して,しかもやりがいがありそうな企業とマッチングするために…

  • 自分の専門(≒今の仕事)を語れると強い.無い人は...就活テクでも磨くしか…
  • ただ,あなたの専門や研究成果には誰も興味がない.ゼロ.
  • 相手が聞きたい自分の想い/経験を伝える

博士/博士進学予定の方へ

惰性と情でアカポスに就くのはもったいない.オファーを一度見てからでも良いのでは?

 

 博士なのに外資コンサルを志望した理由(言い訳)

一般に,博士の就職は難しいと言われています.

以下の記事でまとめられた文科省の調査結果では,私がいた工学系の就職率は72%,そのうち研究者・技術者(研究職)・大学教員の3職業に73.3%が就職しています.嫌な言い方をすれば,コンサルなんぞを受ける博士は常道を外れた変わり者か,半端者,落伍者とも言えます(し,実際に明に暗に言われます). そもそも博士課程進学,っていう時点で常道からは外れてるんですけどね…

 そんな現状は皆さんよくご存知で,だからこそ必ず聞かれるわけです.

 「あなたはなぜ博士まで行って,研究をやめて弊社へ?」と.

続きを読む

入社までの過ごし方

休み方が分からない

ぼちぼち公聴会や論文審査が終わり,来週の特段の追加作業がなければ入社までは自由.秋から入社するので,7月後半~9月末まで休暇になっています.

中高大と土日なく部活に打ち込んで,引退してからは研究に没頭していた私.特に博士になってからは週70時間はラボにいるような生活が続いていて,2週間以上の長期休暇を人生で一度も取ったことがないんです.だから本当,困っちゃったんですよね.休み方が分からない.

海外旅行は学会等々で行き飽きて,リスク高い地域しか残ってない.インスタジェニックなところに行くのもアホらしい.

何日もブチ抜いて遊べるようなプー太郎は友人にいない.

1人で2ヶ月,どう使うか…いやぁ,休み方を知らないって,ちょっと残念な生き方してきてますね.

でもせっかく学生最後だし…

なんかしたいなぁ…,と思って行き着いたのが勉強あぁぁ…結局….

続きを読む

ヘルスケア領域のコンサルまとめ

就職を決めたファームは,私の専門(医工学)を尊重してくれました.

配置転換の可能性はあると前置きはされつつ,ヘルスケア案件主軸でアサインされる方針になっているのは結構幸せ.専門が活かせるにこしたことはないです.

専門が大体同じとはいえ,アカデミアとは違うゲームをするわけで,丸腰無策で飛び込むのはさすがに野暮でしょう.新卒とはいえ20代後半.それはマズい.

まずは大まかにギョーカイ感をつかむところからはじめます.

ということで,世界とAPACの「ヘルスケア領域のコンサル」ってどのファームが何をしているのかざっくりリサーチしてみました.

対象10社:McKinsey / BCG / Bain / Deloitte / PwC / Accenture / KPMG / IMS Consulting Group / L.E.K. Consulting / ZS Associates   

続きを読む